家に帰ったらドアの前に荷物が置いてありました。プレゼント
なんだ?と思ったら私の弟から娘宛の荷物でした。
娘に言うともうニコニコで、
「なにかな~!」とおおはしゃぎ。

さて中身はというと、クリスマスまで一日ずつ
小さな扉を開けると、チョコレートが入っているというもの。

ひらがなで書かれた手紙には メモ
「きょうのひにちまではたべていいけれど
あしたからは、ひとつずつたべること」

と、ありました。

親の言うことは聞かない娘ですが、今のところ手紙の通り
保育所から帰ると今日の扉を探して、一つずつ食べています。
クリスマスまでもうすぐですね。