膠原病のお客様からお声を頂きました。
「紫イペを飲んでいてドライアイが
緩和されてきたので、目薬を注す回数を
減らしていたら、角膜が傷ついていた。」悲しい

とのことでした。
紫イペで症状が軽くなってきても
やはり薬ではないので、良くなった!
と言って急にお薬等を減らさず、
併用して
頂いたほうがいいですね。
そして、最終的にはお薬の量が減る、
症状が改善に紫イペがお役に立てばと
思います。笑顔
この方は強皮症の方で、目の周りの
皮膚が少し柔らかくなってきたような
気がするので、1年は続けようと思うとも
お話いただきました。

どのお客様にもそうですが、早く紫イペの
効果を体感して頂きたい、という思いを
持ってお話させて頂いています。
個人個人、吸収力が違うため
効果の現れ方が違います。しかし
お客様に合った商品選び、飲用量の調節で
効果も違ってくると思います。電球

気になることはいつでも高野まで
お問合せくださいね。