やさしいです

15:21
金沢へ引っ越して来て1ヶ月、入社して2週間。娘が保育園へ行くのを嫌がっていると話してから、毎日皆さんが「保育園どう?」と声をかけてくださいます。笑い
弱気になっているところを大丈夫と背中を押してくださり、

「あ~家族も大切にしてくれる職場に出会えてよかった。」

と本当に思います。

「今が高野家にとって試練やね炎試練は乗り越えられる子にしか与えられんよ。」

「うちの子は保育園で、行きはお母さんと別れるのが嫌で泣き悲しい、帰りはみんなと別れるのが嫌で泣き、3年間泣いとった。」にっこり
(きっとみんなのことが大好きな優しいお子さんなんでしょうね。)

娘なりにいろいろあるようですが、お蔭様で保育園へ行くことは嫌がらなくなりました。
一番弱かったのはかもしれませんね。汗

塩が縁?

16:35
 先日キパーワーソルトが韓国の木浦(モッポ)の近くの島で作られていると聞きビックリしました。実は研修で木浦へ行ったことがあるんです。木浦共生園という養護施設で、石田ゆりさん主演の『愛の黙示録』を上映するご縁から伺うことになりました。(この映画に主演するために釣りバカ日誌を断ったとか)

 2人ずつに分けられ子供たちのいる部屋へ案内されました。私が案内されたのは3歳ぐらいから小学校高学年ぐらいまでの部屋でまず英語は私自身しゃべれないし、もちろん子供たちもしゃべれません。ど~する?!考えているとゆず茶を出してくださりご馳走になってリラックスドキドキ大それが本当においしかった!キラキラ
それ以来冬になると必ず飲みます。

さ~てそれにしてもどうしたものかと考え、言葉の要らない手遊びをしようと思いました。「げんこつやまの~たぬきさん音符」と始めるとみんな一緒に真似してくれたんです。うれしかったですよ~、ホントに。お寺の和尚さんとを何度繰り返したことかびっくり

ノートと鉛筆を持って行ってはいたのですが、そこになにやらハングルが・・・。書いてもらったのはいいけれど意味がわからない・・・・。汗
後から聞いたのですが「日本にお化けはいるの?ドクロ」という質問だったそうです。その時はハングルがわからず悔しかったです。
わかっていればたくさんお化けの絵を描いたのに!悲しい

そんな私と木浦がまたここで繋がるとはが結んだなのでしょうか?

電話

13:52
 イペの注文はお電話が多いのですが、注文をお受けするだけでなくどれだけお話が出来るかが大切だな~と感じています。

 皆さんいろいろなご病気を抱えられ、不安の中お電話を下さるのですがなかなか症状をお話して頂けるわけではありません。
ホームページ等で見られた商品をそのまま注文されるのですが
出来れば症状等を伺ってから商品をお勧めできればと思います。

 先日、注文をお受けし電話を切る間際に
「何かご質問等ございますか?」

とお尋ねしたところ、私が飲むのではないんだけど・・・と
今の状況をお話して下さいました。
そして最終的には商品を変更されたのですが、
よりイペエキスが吸収されやすい商品をお客様に合わせて
お勧めできとてもうれしく思いました。にっこり

 せっかくイペJAPANを選んでくださったのだからお客様自身が納得され
「選んでよかった!」そう思って頂けるようにお勧めしていきたいと思います。力こぶ

散策

21:20
 娘から「もう一日泊まるってメール入れたから見といてね。笑い」と電話があり、おかしいな~と思ったら留守番電話でした。そんなわけで今日も一人。

 金沢のフリーペーパーでケーキ屋さんをチェックし自転車に乗って出発!こちらに来て感じたのは空が広い!千葉は建物が高くあまり空を見なかったように思います。山が見えるのも気持ちがいいですね。
sora1_1.jpg


 お目当てのケーキ屋でケーキを買い、午後は久しぶりにビーズを作りました。何を作ろうか、色の組み合わせをどうしようかと考えている時間が一番長いですね。

 そんなこんなで娘が帰ってきました。「寂しかった~?」と嬉しそうに聞く娘に「寂しかったよ~。」とお愛想。やっぱりかわいいですね。そんな娘が新しい家族を連れてきました。手取フィッシュランド(こちらでは有名)観覧車で父が尾びれのヒラヒラした金魚を3匹釣ってくれたそうです。ここまでは良かったのですが
      「餌がないと死んじゃう!」
今は夜7時、でも朝死んでいたら後が大変・・・あわてて娘を乗せてホームセンターへ猛ダッシュ!

 昼間2時間自転車でブラブラしていたこともあり、往復1時間は辛かったですが、とりあえず閉店間際に餌とエアーポンプを買うことができました。

 帰ってきたら腰が痛く、運動不足を感じた一日でした・・・。

 

 

初外泊

23:14
 夕方、主人の母より電話があり明日祖父と祖母のところへ娘を連れて行ってくれるとのことでした。そんな日に限り、娘が料理する!とシメジをお子様包丁で刻み終わらない・・・。困った

 何とか夕飯が終わり、お泊りの準備をしたのですが、娘は「おもちゃ持って行かなくちゃ!」電球と張り切ってシナモンのリュックへ。一人でお泊りは初めてなのでちょっと不安な様子でしたが、楽しみでもある様子でした。

 父が娘を迎えに来てくれた後はなにやら静か~で変な感じでしたが、ひじきや切干の煮物を作って満足な私でした。
記事検索
プロフィール

drecom_ntakano

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ